Ethiopia Kochere natural Dark Roast 150g -220- | Circular Coffee Roasters

1/1

Ethiopia Kochere natural Dark Roast 150g -220-

¥1,400 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

<テイスト>
深煎りのコーヒーらしいビターチョコレートや冷めてくるとブラックベリーのような酸味と甘味がバランスよく感じられる。
<プロファイル>
・エリア: イルガチェフェ・ゲデオ・ゾーン, コチェレ地区
・標 高:1,790~1,900m
・crop:20/21
・品種:在来品種
・精製:ナチュラル
・生産者: 小農家
・収穫時期:10月~1 月

商品をアプリでお気に入り

<ストーリー>
Yirgacheffeは、実際にはエチオピア南部のSidamo地域の一部ですが、その絶妙なウォッシュドコーヒーは非常によく知られており、独自のミクロ地域に細分化されています。この急な緑のエリアは肥沃で高く、コーヒーの多くは2,000m以上で育ちます。

一見、Yirgacheffeの丘は鬱蒼とした森のように見えますが、実際には人口密度の高い地域であり、丘には多くの住居や村が点在しており、「ガーデンコーヒー」として知られています。この地域には約26の協同組合があり、約43,794人の農家と約62,004ヘクタールのガーデンコーヒーを代表しています。生産物は主にウォッシュドですが、Yirgacheffeから少量のナチュラルコーヒーも出てきます。

エチオピア人の約85%は今でも田舎に住んでおり、農業で生計を立てています。各家族は通常、控えめな家(多くの場合、1つの丸い泥小屋)に住んでいて、自分たちの土地を耕作し、そこで換金作物と食料の両方を自家消費用に栽培しています。Yirgacheffeでは、コーヒーは主要な換金作物の1つであり、0.5ヘクタールから1.5ヘクタールまでカバーしています(後者が多いと考えられています)。これは通常、2番目の換金作物と一緒に植えられます。多くの場合、「偽のバナナ」として知られる屋根の製造に使用される(そしてコーヒーの日陰の提供者でもある)大きな葉の木です。これはバナナの木のように見えますが、そうではありません-代わりに、その太い茎は、主食である栄養価の高い小麦粉と発酵ペーストの両方を生成するために使用されます(特にエチオピア南部全体)。

エチオピアでは、主な収穫は1年に1回だけです。これは通常、国のすべての成長地域で11月と12月に行われます。収穫期には平均4回のパスがあり、ウォッシュドパスとナチュラルパスの両方を生産する地域では、最後のパスがナチュラルコーヒーに使用されます。洗浄されたコーヒーは、通常、摘み取られた同じ日に(通常は夕方/夜に)パルプ化され、重量で3つのグレード(ヘビー、ミディアム、フローター)に分類され、発酵されます(時間は異なります-通常16〜48時間)。洗浄された後、通常は洗浄チャネルで再び等級分けされます。その後、豆はアフリカのベッドで乾燥され、通常は女性によって手作業で選別されます。

  • レビュー

    (1)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,400 税込

最近チェックした商品
    その他の商品