Brazil Carmo Estate Acaia Natural 150g -207- | Circular Coffee Roasters

1/6

Brazil Carmo Estate Acaia Natural 150g -207-

¥ 1,500 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

<テイスト>
口に含むとトロッとした丸い口当たりが優しさを感じさせ、しっかりと熟したパパイヤのような果実を思わせる凝縮した甘み、それを際立たせるソフトな酸がとても心地よい味わい。

<プロファイル>
・エリア:ミナス・ジェライス州エリオドラ(マンチケイラ・デ・ミナス)
・標 高:950-1200m
・crop:19/20
・品種:アカイア
・精製:ナチュラル
・農園主:Tulio Junquiera
・収穫時期:2020年6月19日20日

商品をアプリでお気に入り

<ストーリー>
カルモエステートは、150年以上に亘ってコーヒーを生産してきた一族で、現在の農園主であるトゥーリオさんは5代目となります。当時は小さな農園でしたが、1950年ごろ父の代から少しずつ農園を広げ、多くの従業員とともにコーヒーを生産してきました。トゥーリオさん自身は、ブラジルスペシャルティコーヒー協会の会長も務め、品質を通じて持続可能な農園へと取り組んでいます。
 カルモエステートは、従業員に質の高い生活を提供し、環境の持続可能性に配慮しながら、高品質なコーヒーを生産する事を信念としています。スペシャルティコーヒーには、社会的発展を後押しするだけの力があるとトゥーリオさんは語ります。その為、カルモエステートでは、他には見られない様々な社会的な取り組みを見ることができます。

 その1つである住居供給プログラムは、トゥーリオさんの奥様のルーさんが中心となり、インフラを整え、従業員の家など1つのコミュニティを作ってきました。土地を格安で譲り、家を建てられるように支援し、電気・浄水施設、協会や集会所、診療所などを作り、子供達の学校までバスも通しサポートをしています。現在は60家庭がこの集落に暮らし、この土地で生まれ育った世代も誕生しました。ブラジル全体で地方の過疎化が問題視されているが、環境を整備し雇用を伸ばす、カルモエステートにとって重要な活動となっています。
農園で従業員ご夫婦に話を伺うと、住居もトラックも持っており、昔では考えられないほど十分にぜいたくな暮らしができていると言います。またご夫婦の両親は字の読み書きさえも難しかったそうですが、自分たちの子供に十分な学校教育を与える事ができており、医療のサポートもある暮らしに満足していると仰っていました。


農地貸出プログラム
もう1つ特徴的なプログラムが農地貸出プログラムです。これは長期的に農園内の土地を貸し出す制度で、借りた生産者はカルモエステートに関係なく独自にコーヒーを生産、販売することができます。現在134人の生産者がファミリービジネスとしてこの農地でコーヒーの生産を行っています。カルモエステートで働く従業員もこの制度を利用しており、1日の仕事が終わる15時半を迎えると、自分の農園へ移動し手入れしており、福利厚生としても活用されています。農地の貸し出しも、初年度無料でその後1ヘクタール当たり年間2Bag分と管理費用として最低限に留めており、自立へのサポート、貧困の防止、従業員の福利厚生として積極的に行っています。

 その他にも農園内に33の水源をもつカルモエステートでは、環境学者でもあるご子息とともに環境を保全し森を作るプロジェクトも実施。農園の44%が大規模な自然保護エリアを持ち、ブラジルの法律で定められる20%をはるかに超える自然林を有します。

 トゥーリオさんこうした取り組みにおいてこのように言います。トップクオリティのコーヒーを生産することは大きな目標ではありますが、それがゴールではありません。世界中では1億2500万もの人がコーヒー生産によって生計を立てています。産業全体に社会的責任がある事を忘れてはなりません。我々のようなオーナー生産者は、地域社会に貢献する役割がありますし、そのために努力しなければなりません。高品質なスペシャルティコーヒーの生産を通して、社会を向上させ、多くの問題を解決する事こそ私達の本当のゴールです。

品質への新しい取り組み
こうした社会的取り組みとともに、当然品質向上における取り組みも行っており、トレサビリティと品質にこだわった非常に小さなナノロットも生産しています。
<品質への取り組み>
このロットが収穫されているエリアはカルモエステートの1050mに位置するÓleos e Mataと呼んでいる区画。この区画ではムンドノーヴォ種とアカイア種が生産され、本ロットは2020年6月19日20日に収穫したアカイア種のチェリーから作られています。収穫された完熟チェリーは、パティオに運ばれ10日間天日乾燥が行われます。
パティでの乾燥方法も独自の方法を採用しており、カルモエステートのパティオは冷涼な風が吹いている特徴から、チェリーの温度上昇を抑えながら一定の時間を取って初期乾燥を行うようにしています。パティオに薄く広げ、チェリー同士の間隔を開けることで互いの熱による発酵を抑え、風に吹かれながら低温で乾かしていく事で、チェリー内部の組織の負荷も抑えていると言います。そして夜間はレスティングの時間とし内部の水分を均一にしていると言います。5日目以降はチェリーを積み上げて、毎日30分ごとに攪拌を繰り返し、天日乾燥の工程を終えます。

  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,500 税込

最近チェックした商品
    その他の商品